老化で目立つ瞼のたるみ|美容外科で更なる美貌を手に入れよう|新しい自分になれる方法

美容外科で更なる美貌を手に入れよう|新しい自分になれる方法

レディ

老化で目立つ瞼のたるみ

ナース

まぶたのたるみをなくせる

50代、60代と年齢を重ねると、シミやシワなど多くの老化現象が目立つようになります。その中でもメイクで隠せないと多くの女性が嘆くのが、下まぶたのたるみです。そもそも下まぶたは、体のほかの部位よりも、非常に皮膚が薄いです。そのため、老化とともにたるみが目立ちやすくなります。たるみを改善するために、マッサージやアンチエイジング化粧品が有効とされています。しかし、それでは解消するのに時間がかかってしまいます。そこで、お勧めするのが、千葉の美容外科で行っている美容整形です。目の下のたるみ治療には色々ありますが、最も一般的なのが下眼瞼切開です。この施術は、下まぶたのたるみの原因となる眼窩脂肪を移動させる治療です。具体的な施術の説明をすると、まず下まぶたギリギリのところを切開します。そして、下まぶたの皮膚と筋肉の間をゆっくりと剥離していきます。筋肉を眼窩の下の縁まで剥離してから、余計な皮膚などを切除します。最後に、たるみを起こしている脂肪を下方の窪みに移動させて皮膚を縫合していきます。下眼瞼切開法は、脂肪の膨らみを下方向へ移動させるので、目の下が滑らかな状態になります。千葉の美容外科では2時間かけて施術をしますが、確実にたるみが治ります。

ダウンタイムの過ごし方

下眼瞼切開法は、たるみ治療に効果的な千葉の美容外科で行われる施術です。まぶたの皮膚を切開して、たるみの原因となる余分な脂肪を移動させていきます。すると、目の下の皮膚が滑らかになり、一気に若返ることができるのです。ただメスで皮膚を切開していくので、術後にダウンタイムが伴います。術後の患部を良好に保つには、ダウンタイムの過ごし方が重要になります。まず、術後はまぶたに腫れ、痛み、内出血などが生じます。これらの症状は、個人差にもよりますが、おおよそ1、2週間続きます。腫れは軽いものが多く、内出血、赤みなどはメイクで隠せることができるレベルです。また痛みについては、冷たいタオルやアイスパックで患部を冷やせば治まります。それでも痛みが気になる場合は、クリニックで処方された痛み止めを服用すると効果的です。そのため、術後も仕事などを普通にこなすことが可能です。そして、一番肝心なのは、千葉美容外科での施術後は激しい運動や飲酒は控えることです。体内の血行を良くしてしまうと、腫れや痛み、赤みなどの症状が強く生じるからです。ダウンタイムをなるべく抑えるためにも、施術後はできるだけ安静にして過ごす事が大事です。